反応制御の深化

概要

A01班(反応制御の深化)が主として行う研究

  • 本質的な選択性を逆転させる革新的な反応開発。
  • ①複数パラメータのパラレル最適化による革新的な基礎反応の発掘や開発効率の超加速化、②反応を制御する主制御因子の同定(多変数解析の自動化、深層学習の活用)、③反応機構(量子化学計算で解析困難な2 kcal/mol以下の選択性の発現機構など)の理解と予測。
  • 多様な構造を生成物とする多成分連続反応を開発。
  • 開発した反応のフロー反応化(バッチ反応のフロー反応への変換)。
  • フロー反応に対応した「反応コードモジュール」の開発。
  • 設計された分子、触媒、反応、合成経路を検証し、実データを提供。

A01班に関するトピックスはこちら

計画班

大嶋 孝志

九州大学薬学研究院・教授
「官能基標的触媒による化学選択性の触媒制御」 研究成果

 

小池 隆司

日本工業大学基幹工学部・准教授
「高度プログラム合成光化学」

 

笹野 裕介

東北大学薬学研究科・講師
「電気化学分析と電気泳動―質量分析の連結を活用する化学選択的触媒的酸化反応の開発」

 

高須 清誠

京都大学薬学研究科・教授
「多成分連続反応のデジタル精密制御」

 

安田 誠

大阪大学工学研究科・教授 
「錯体構造チューニングパラメータと選択性相関による触媒設計」 研究成果

 

山口 潤一郎

早稲田大学理工学術院・教授 
「結合交換反応の開発と機械学習最適化」研究成果

 

TOP