RESEARCH研究成果

大嶋(A01)グループの古賀祐之介さん(M1(発表当時、現M2))が日本薬学会第142年会(名古屋)で学生優秀発表賞(ポスター発表)を受賞しました

大嶋(A01)グループの古賀祐之介さん(M1(発表当時、現M2))が日本薬学会第142年会(名古屋)で学生優秀発表賞(ポスター発表)を受賞しました。学会名:日本薬学会第142年会(名古屋)会期:2022年3月25日~28日(オンライン開催)演題:立体障害の大きな非天然α-アミノ酸含有ペプ

大嶋(A01)グループの田中津久志さん(D3(発表当時))が日本薬学会第142年会(名古屋)で学生優秀発表賞(口頭発表)を受賞しました

大嶋(A01)グループの田中津久志さん(D3(発表当時))が日本薬学会第142年会(名古屋)で学生優秀発表賞(口頭発表)を受賞しました。学会名:日本薬学会第142年会(名古屋)会期:2022年3月25日~28日(オンライン開催)演題:カルボン酸の触媒的α-重水素化反応受賞:学生優

かさ高い非天然α-アミノ酸の新規合成方法の開発とペプチドへの導入~中分子ペプチド医薬品開発に向けて~

第376回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(大嶋研究室)博士課程 2年の辻 汰朗 さんにお願いしました。「中分子ペプチド」と呼ばれる数個から十数個のアミノ酸がつながったペプチドが創薬の分野で注目されています。天然α-アミノ酸だけでなく、かさ高い非天然α-アミノ酸をペプチドに組

大嶋(A01)グループの研究成果「かさ高い非天然α-アミノ酸の新規合成法の開発」がプレスリリースされました

次世代型医薬品に活用できるαーアミノ酸の合成方法開発に成功!~中分子ペプチド医薬品の基盤技術としての活用に期待~ 有望な創薬モダリティ「中分子ペプチド」は、かさ高い置換基を導入することにより、革新的な医薬品となることが期待されている。しかし、立体障害のためその合成は困難であった。

大嶋(A01)グループの近藤優太さん(D3)が第11回CSJ化学フェスタ2021で優秀ポスター発表賞とCSJ化学フェスタ博士オーラル賞を受賞しました。

大嶋(A01)グループの近藤優太さん(D3)が第11回CSJ化学フェスタ2021で優秀ポスター発表賞とCSJ化学フェスタ博士オーラル賞を受賞しました。<優秀ポスター発表賞>P7-033 近藤 優太 (九⼤院薬)窒素上無保護ケチミンの新規触媒的直接合成法の開発とワンポット反応への応⽤

大嶋孝志(領域代表)が九州大学「主幹教授(Distinguished Professor)」の称号を付与されました

大嶋孝志(領域代表)が九州大学「主幹教授(Distinguished Professor)」の称号を付与されました(2021年11月1日付け)。おめでとうございます!主幹教授制度は、自由闊達な研究から生まれる高度の研究活動を支援し、活性化させるために、本学の教授のうち、その専門分野におい

無保護カルボン酸のラジカル機構による触媒的酸化反応の開発

第293回のスポットライトリサーチは、九州大学 薬学研究院 環境調和創薬化学分野(大嶋研究室)・田中津久志(たなかつくし)さんにお願いしました。 大嶋先生の研究室は、環境調和性を志向した無保護ヘテロ原子官能基の実用的な修飾反応の開発に精力的に取り組んでいます。 今回取り上げる研究は、無保護カルボン酸

TOP