AI 手法の深化

概要

A03班(AI手法の深化)が主として行う研究

  • ①反応条件最適化、②合成経路探索、③分子設計の3つの自動化システムを開発し、A01班とA02班の研究を支援。
  • 有機合成の多様性(分子構造・変換反応の多様さ)に対応した分子・反応の表現法(記述子)を開発。
  • 有機合成の多様性に対応できる機械学習システムの構築。
  • 個々の反応に即したパラメータ(アルゴリズム)の作成(オーダーメイド)と、共通性の高いパラメータ(アルゴリズム)の作成(レディ・メイド)。
  • 分子の機能予測する分子設計システムを構築し、医薬品や機能性材料などの開発に応用(A01班とA02班は実験によって検証)。
  • 反応経路探索システムを開発。化学選択性などの領域独自の情報を活用することで、保護基フリーの短工程合成経路探索を可能とするとともに、個々の基質に適応した反応条件を提示するシステムに昇華。

計画班

宮尾 知幸

奈良先端科学技術大学院大学・データ駆動型サイエンス創造センター・准教授
「多様な分子構造の自動設計と有機合成反応の新規表現開発」

 

小島 諒介

京都大学医学研究科・特定助教
不明

 

武田 和宏

静岡大学工学部・准教授 
「機械学習による複数反応条件の迅速最適化」

 

松原 誠二郎

京都大学工学研究科・教授 
「データ駆動手法による素反応条件およびアウトプット予測と実証」

 

矢田 陽

産業技術総合研究所材料・科学領域・主任研究員 
「予測モデル逆解析に基づく触媒自動設計技術の開発」

 

TOP