RESEARCH研究成果

高須(A01)グループの田渡司さん(D3、発表当時)が日本化学会第104春季年会(2024)で学生講演賞を受賞しました

高須(A01)グループの田渡司さん(D3、発表当時)が日本化学会第104春季年会(2024)で学生講演賞を受賞しました。学会名:第104日本化学会春季年会(2024)会期:2024年3月18日~21日演題:ベンザインと窒素置換アルキンの新奇な分子内環化付加反応の開発受賞:学生講演賞(

高須(A01)グループの河本真輝さん(B4、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました

高須(A01)グループの河本真輝さん(B4、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました。学会名:日本薬学会第144年会(横浜)会期:2024年3月28日~31日演題:含ヘリセンアミノキサンテン系色素の合成、構造、光学特性受賞:学生優秀発表賞(口頭発表の部

笹野(A01)グループの大城彩里さん(D2、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました

笹野(A01)グループの大城彩里さん(D2、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました。学会名:日本薬学会第144年会(横浜)会期:2024年3月28日~31日演題:安定テトラゼンラジカルカチオン塩の合成および酸化触媒としての応用受賞:学生優秀発表賞(口

大嶋(A01)グループの片岡駿介さん(D1、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました

大嶋(A01)グループの片岡駿介さん(D1、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました。学会名:日本薬学会第144年会(横浜)会期:2024年3月28日~31日演題:ヘキサメチルジシラザンを窒素源とした第一級アミドの新規触媒的直接合成法の開発受賞:学生優

大嶋(A01)グループの古賀祐之介さん(D1、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました

大嶋(A01)グループの古賀祐之介さん(D1、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました。学会名:日本薬学会第144年会(横浜)会期:2024年3月28日~31日演題:アミド・エステルの触媒的α-重水素化反応受賞:学生優秀発表賞(口頭発表の部)おめで

高須(A01)グループの坂上峻哉さん(B4、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました

高須(A01)グループの坂上峻哉さん(B4、発表当時)が日本薬学会第144年会(横浜)で学生優秀発表賞を受賞しました。学会名:日本薬学会第144年会(横浜)会期:2024年3月28日~31日演題:ベンザインとN–アルキニル含窒素芳香族化合物の分子内(3+2)および(4+2)環化付加反応

長友(A01)グループの研究「Total Syntheses of Phorbol and 11 Tigliane Diterpenoids and Their Evaluation as HIV Latency-Reversing Agents」がプレスリリースされました

チグリアンジテルペン類の全合成とHIV 潜伏感染細胞の再活性化能の評価――複雑天然物の網羅的全合成が可能とする創薬シード化合物の創製――発表のポイント◆特異な 4 環性炭素骨格上に多数の酸素官能基を有するチグリアンジテルペンであるホルボール、およびホルボールを基本骨格としアシル基

TOP